カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

link

[428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418

初!八千穂!・・・

P1050712_R.JPG           P1050711_R.JPG

P1050729_R.JPG       P1050727_R.JPG

4fd55bc8.jpg       y1.jpg

y3.jpg       y4.jpg

今週は緩斜面だー!って事で、さて何処に・・・?。エコーがオープンしていればエコーにイコーと思ってましたが雪が作れず延期(汗)。湯の丸の緩斜面もいいかなーなんて思っていたのですが、m-hiroさんから八千穂?八千穂いいよ!って聞いていて、なにげにHP見たら八千穂オープン!してる!。しかも700m滑れて緩斜でしかーも幅も広そう!。
八千穂ってアサマに行く途中にあるけど、国道からやばーいぐらい山を登って行き、小海リエックスを通過してさらに山奥(汗)なので今まで行こうとも思わなかったし行った事も無かったので今回はいい機会!って事で初八千穂です!。
 
野辺山あたりは雪が降った跡があり、先週に比べて気温も低いです。-8度(冷汗)。冬きたーって感じです。8時頃でもリエックスは降雪全開(まだオープン出来てません)で、リエックスより先は道路凍ってます(汗)。こんな山奥にスキー場あるの?って感じの凍った道を行くと、ほんと山奥にスキー場発見!降雪全開!Pにお客さんの車3台(汗)。八千穂来ましたー!。
今日開いているバーンは700mの緩斜面。幅は3~40mあり、フルに雪があります。バーンはほぼフラットな一枚バーン。エコーの下の第8に似ている感じです。滑らなくてもわかるいいバーン!。滑ってみてもいいバーンです!雪質はハイシーズン!。こんな山奥にこんないい所があったなんて!って思いました!。ハイシーズンはそのアクセスの悪さで休日でもあまり混まないそうです。いいとこみーっけた!。m-hiroさんありがとー!。半日でしたが超満足な八千穂でした!。
 

P1050733_R.JPG       P1050732_R.JPG

y5.jpg       y6.jpg

今日のsのの板はAsym167とScalpel170。Asymはもー何も言う事が無いパフォーマンス!。メインはScalpelの試乗インプレです。
長さ170。ウエスト20,5。フレックスはアルペンボードとしては柔らかめ。これはビンプレートあったほうがいいなーって思ったのでビンプレート装着済みです。太いから板が重く見えますが、チタンもカーボンケブラーも入っていないのでAsymよりも軽いです。さーて滑り出して・・・。おー!これは凄い!。柔らかいフレックスは全然気にならず、パワーかけてもそのパワーが逃げる事無く雪面に伝わり、マイルドで気持ちいい反発が帰ってきます!。その曲がりっぷりは、サイドカーブがあまりキツクないのでパワーかけなければ、板をただ立てるだけだとナチュラルロングカービング。積極的にパワーかけると板がギュイーんってしなり、それはもーエグイカーブで!。板の長さも幅も全く気にならないぐらいなカービングボードですよ!この板!。このScalpelに乗ったすぐ後にm-hiroさんのPsychedelicに乗らせてもらいましたが、psycheとほぼ同じなカービングパフォーマンス!板の太さによる滑走フィールの軽さや切り返しの軽さ、速さはpsycheにはかないませんが、このウエスト幅でナローVIRUSが味わえるなんて凄い!。カービングシリーズで例えると、幅広系のLigthning、Tantalus系ではなくて、ナローなPsyche、BlackDeath系のフィールです。ハイアングルが苦手だけどVIRUSのナローフィールを味わいたい方には絶対にお勧めの一本です!。ちなみに、見た目似ているX-TremeCarverとは全く別物で滑走フィールも全く違います。
「俺乗れるかな~・・・って言ってたm-hiroさんにも試乗してもらいましたが、もー気に入っちゃった!ぐらい気に入ってもらえてすごーくよかった!。m-hiroさんもPsycheと同じ感じで乗れる!って言ってたからsのが思った感想も間違ってなかったですし!。
 
☆Scalpel・・・幅広カーバーに超お勧めです!。
 
Scalpel、Asymをはじめ、sののWebショップに無いモデルも購入出来ますのでこんなの?あんなの?が欲しい方はお問い合わせください!




graphics by アンの小箱 * designed by Anne