10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ・・・で

    ・・・今日は朝、内装洗ってみた。水没の汚れはほぼ無く元々の汚れじゃん^^;。白だから汚れるの仕方がないですね乗ってれば。まだまだ内装洗濯は沢山ある^^;。
      

    ・・・で、夕方ヘッドカバー開けてみた。。まずは下側排気側。水がじゃ~は無く、でも水入ってたようでオイルが乳化してました。思ってたより軽傷!。
    ・・・で、上側吸気側。なんと水入った跡なし。エアーポケットになってたんだと思います。ギリギリカムも水没してないかも。ラッキー!。まじでエンジン大丈夫ですね確信しましたいい子だ~!。
    ・・・これでエンジンの水抜き終了。パーツクリーナーとかで洗いたい所ですが、今洗っちゃうとい油分も落とす事になるのでこのまま放置が一番。電気廻りの目途がついてエンジンかけられる状態になってからクリーニングして組みます。それが一番錆びない方法。手に付いた油分は水だけじゃ落ちないですよね~?洗剤とかパーツクリーナーとか灯油とかシンナーとかで洗わないと・・・。なのでエンジン内部に水入ったからってすぐ錆びないし油分無くなりません。
         

    ・・・で、エンジン内に入った水、何で綺麗なのかと思ったら、エアクリーナー通って来たから綺麗だったのだ。エアクリーナー、自分の人生?の最後を自らを犠牲にしてエンジン守ってくれたんだね~。例えば泥水とか入っちゃうとメタルとかに影響あるし、それこそOHしないとになっちゃう。

    ・・・明日はガソリンタンク外して、エアコンブロワーモーター、エバボレーター廻り見てみよう。

    [2067]  [2066]  [2065]  [2064]  [2063]  [2062]  [2061]  [2060]  [2059]  [2058]  [2057





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆