カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

link

[1863]  [1862]  [1861]  [1860]  [1859]  [1858]  [1857]  [1855]  [1854]  [1853]  [1852

コラム。私はコレで辞めました・・・

・・・コラムと言いながら長いし^^;エッセイにしようかな?^^;。

・・・今回のネタ。私はコレで辞めましたシリーズ。何を?。




・・・やろうやろうってお勧めしていた夏の〇ラスノーですが、いつの間にか引退?お先に辞めちゃってましたすみませんです。
・・・辞めた理由なんですが、ま~一番は〇ラスノーやる事による冬への影響。これはあくまでも私が感じた事ですのでよろしくお願いします。
・・・〇ラスノーはご存知の通り、低グリップ感なんです(〇じてんのマット)。雪と同じように山回りでDeepカーブしようとすると、グリップを失いズレるかコケる。それをカバーしようとする程、日本のスノーボーダーの99.9%の人がなっている、バックサイドでお尻が落ちる滑り(今度、「何故?バックサイドでお尻が落ちてる日本人」のコラムります)になってしまいました。その癖がついたまま実際の雪でのシーズンイン。なかなかその癖が抜けず、雪でのグリッピングポイントが思い出せず、〇ラスノーをやった年は翌年の1月頭までいつもスランプ状態に陥っていました。試しで〇ラスノーをやらなかった年は、滑らなかった期間が結構開いたにも係わらず、シーズンインからばっちりでした。「〇ラースノーやらないほうがホントはいい」・・・これが私の〇ラスノー辞めたひとつ目の理由。

・・・2つめ。それはさくらが中学生になったから。・・・〇じてんが〇ラスノーを初めた年の2週目にはさくらと2人で視察。小学生のうちは私の思いで連れてってたけど、中学生になったら自分の意思に任せようと思っていたので、さくらが行かなくなれば私の役目も終了。

・・・3つめ。信頼と言うか私って一体何なの?・・・。
・・・ま~これは私の愚痴になっちゃうけど、当時レースをやってた知り合いの方を想い、夏の練習で〇ラスノーでレースの練習出来たらいいね~と思い、〇じてんの現場のきっと偉い人Oださん(仮名)にその話、聞いてみた訳ですよ。そうしたらいいですね!って言ってくれて、何か目印になる物を付ければゲート練習にもなるしね!ってOkもらったにも係わらず、数週間後に〇じてんに行ったら、山梨県のスノーボードの重鎮、〇まもとさんが〇ラスノーに目印つけてゲート練習やってるじゃないですか^^;。・・・それまで一度も〇じてんで〇まもとさん見た事なかったのに、いきなり〇まもとさん^^;。Oださん(仮名)やってくれたな~って思いました^^;。その後に会ったOださん(仮名)の気まずい顔は、私忘れません^^;。
・・・まあ、私はJSBAでもSAJでも無く、プロでもイントラでも何にも無い素人だから、こんな私との約束なんてこんなもんでしょう・・・って、私はOださん(仮名)にその事は何も言わないで、フェードアウトしました。なのでOださん(仮名)と〇じてんとはトラブルとか一切無いです。
・・・〇じてんが〇ラスノーを初めて、はじめしばらくはお客さんなんて少なくて、ソールは削れるはソールの走りが悪いはで、試行錯誤しながらOださん(仮名)も私に相談してくれたりしてたので、〇じてんの為になればな~って私も考えていましたが、Oださん(仮名)にそんな事やられちゃったんじゃー信頼関係も無くなりますわね・・・。
・・・ま~その後は〇まもとさんが毎週のように〇じてんにお客さん呼んでくれているから、結果的には〇じてんに貢献できたかな~って思います。

・・・オチ。私が紹介したレースやってた人。本心はやりたくなかったのかな~???・・・Oださん(仮名)に話持ってってからすぐに行動しないでグズグズしている間に〇まもとさんにやられちゃったー^^;これが答えかな。


・・・じゃ~せっかくなのでもひとつ。私はコレで辞めました。それは夏の〇さかの〇ーフパイプ。

・・・私が夏の〇さかの〇ーフパイプで初めて滑ったのは、Kandaさんと「ハードブーツでやってみよっか!」からはじまり、ちひろもまだ小学生だったので毎週のように連れてゆき、さくらもスキーはじめたのでずーっと連れてゆき、さくらが中学生になったので、それと同時に私の役目も終了。これが1つめの理由。
・・・2つめはと言うと、ドバイと哈爾浜に行けばいつでも滑れる環境が作れたので。それと私も年を取り、毎週のようにスノーボードしなくてもいいっかな~って思いはじめたのもあります。

・・・3つめ。私がどれだけ気を使っていた、ハードブーツ(アルペン)で〇ーフパイプに入るという行為。
・・・本気で〇ーフパイプに入っている人達からすれば、アルペンで中途半端に〇ーフパイプに入られるのなんてすごく嫌な感じだと思う。なので私はいつも人の少ない壁の崩れた初心者の多い午後に行っていました。真ん中真っ直ぐ滑れる事も出来たけど、私なりに敬意を払って〇ーフパイプを滑るラインで。何年やったかな~・・・8年くらいやったかな?。毎週行けば、毎週来ている子たちとも顔見知りになるし、挨拶してくれるし話ししてくれる子たちも居たし・・・。私は移住18年ですが近所のローカルって立場もあるので、非常に気を遣う訳ですよ。・・・それなのに・・・数年前、私の耳に入って来たのは〇ーフパイプを貸し切って、そこでアルペンレースをする?との事。私的には信じられない。申し訳ない。
・・・貸し切っちゃえば、中で何しようが全く関係なく、お金払ってんじゃん。文句ある?・・・主催されている方には文句は全くありません。何の落ち度もありません。
でも、本気で〇ーフパイプをやっている人達の気持ちは、私はあまりいい気持ちしないな~って思いました。その貸し切りの日は、その子達練習出来なくなる訳だし。他人の家に土足で上がるようにしか私は思えなかった。いや、もしかしたら私もそう思われていたのかもしれない・・・。こんな事も私が〇さかの〇ーフパイプを辞めた理由です。

・・・オチ?。私もゲレンデで迷惑はかけています。アサマでスキーのおじさんに「そんなに掘って滑るな」って怒られたり、みさかでも私のカービングの跡の掘れは、多大な方々に迷惑をおかけしております^^;。これは許して~^^;。



graphics by アンの小箱 * designed by Anne