カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19 20
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

link

[615]  [614]  [613]  [612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605

話、長いですよ・・・情報(汗)

P1110016_R.JPG       P1110018_R.JPG
shiramataさんのNightmare。ソリッドグレー+旧顔+Binプレート・・・レトロチックに仕上がりました!。Nightmareだけどアウトローな感じ?で、HOTROD?な香りがする?・・・確かにピンストが入ったりでオールドアメリカンな雰囲気が漂っていますね!。カッコいい!。たけしくんのSTPの色みたい。


P1110020_R.JPG   P1110021_R.JPG
・・・で、今度はTantalus2evo3。もうシリアルNoでは12年?。
昨日、東京に修理した車の納車(内緒だけどまあじょさんのご主人様のVitz)に行ったので、内緒だけどhasegawaくんから頼まれていた板のリペイントが終わっていたので丁度いいから届けよう!って思って、VIRUS東京本社オフィス(内緒だけどhasegawaくんちアパート2階)に向かいました。しかし混んでた・・・高速でトラック横転して通行止めで混んでるわ、夕方の通勤ラッシュ?半端ない車の量(汗)。で、道間違えたのもあり(汗)世田谷から江戸川のhasegawaくんちまで約4時間かかってしまった(汗)どんだけ方向音痴?ナビなんて無く、地図を片手に(汗)。こんな渋滞にハマるのは久しぶり(汗)。
・・・で、VIRUS東京本社オフィス(内緒だけどhasegawaくんちアパート2階)には、ちゃりんこはいっぱいあるは(内緒だけど最近買った60万もするDHちゃりあった)、ふとんの上にはVIRUSのボードが寝ているわ・・・で、かなーり面白かった!。高校生の頃、バイク仲間の部屋に遊びに行った時に見た光景が目に浮びました(汗)エロ本無かったけど(汗)。hasegawaくん!楽しい思い出をありがとう!。
・・・で、ドイツ本国ファクトリーに行ってた神谷社長さんからのお預かり荷物をもらってきました。・・・その中にはこのTantalus・・・。NewシェイプなフラットTOPです。また乗ったらインプレします!。


あと、最終入荷!。ATBが一足だけあります!。今季はこれで最後です。アウターは一足だけですが、インナーが26,5と27があるのでどちらでもOkです。
RC10も残り2足です。25,5と26,5か27があります。UPZ VIRUSのブーツは、今季はこの3足でホント最後です。
P1110027_R.JPG   P1100947_R.JPG

それから、UPZブーツのご注意情報です。
フォワードリーンスプリングの固定ナットですが、緩み止めのナイロンナットになっていますが、そのナイロン部分までボルトが噛んでいないと、使用中の振動等でナットが脱落する事があります。実際に団長さんのATBが丸沼で落ちました(汗)。その時は運良くナットは紛失しないで組み直して直せましたが、ナットを紛失するとその日は終わりです(汗)。ですので、しっかりとナットがかかっている事を確認して、緩み防止でネジロック材を1滴垂らしておくのも手だと思います。ネジロック材を使わなくても、アロンアルファー等の瞬間接着剤1滴でも同じ効果です。ここの部分のナットは気にしておいて下さい。(普通のスパナは入らないので、写真のようなフラットメガネがあるといいです。
P1110028_R.JPG   P1110029_R.JPG

あと、サイドカントのネジも緩みやすそうなので付属のトルクスレンチで増し締めを定期的に行って下さい。ここの部分が無くなってもその日は終わりです(汗)。このカントパーツは、sのがスペアを持っていますので紛失してしまった場合は連絡して下さいね。
P1110030_R.JPG   P1110031_R.JPG


で、今度はGスタBin情報です。
トゥー&ヒールを載せる土台部分を固定しているH型の2連ナットですが、使用に伴い曲り、錆びてきます。限度を超えると割れます(汗)。こうなっちゃう前に交換したほうがいいです。締め付けのポイントとしては、締めすぎるとどんどん引っぱられて曲りますので、適度に締めて下さい。取り付けの皿ビスには、緩み防止のギザがありますのでそんなに強く締める事はないです。
このH型の2連ナットも在庫がありますので欲しい方はお問い合わせ下さい。
P1110024_R.JPG   P1110026_R.JPG



              P1110032_R.JPG
また、Bin固定のセンターディスクを固定するボルトも、あまり強く締めないで下さい。板のほうのインサートナットが引っぱられてソールが凹むだけです(汗)。
このボルト(4本)の締め方のポイントですが、4本を均等に締めてゆき、センターデイスクがたわんでテンションがかかっているなーくらいでいいです。いつも言ってますが、締めっぱなしにしないで、乗る前に締める・・・乗り終わったら緩めておく・・・を身につけて下さい。面倒ですが板の為にもいいですし、毎度締めるので滑走中に段々と緩んでもそのまま・・・なんて事もなくなります。
もしビスごとお皿も無くしてしまった場合、これも在庫を持っていますのでお問い合わせ下さい。

最後に・・・Gスタのヒールパーツですが、これも締めれば締める程締まっていきますので(汗)、これも4本均等に締めていき、しっかりと締めてヒールパーツのゴムがつぶれてテンションがっかっている状態を感じたら終了です。オーバートルクにならないように、滑るたびに緩んでいないかなーチェックをするくらいの気持ちでいて下さい。

・・・その他、ギアに関する不具合や良かった事は、日々実戦にて考えて対策していきますので何か情報がありましたらその都度ブログでお知らせしていきますね!。



graphics by アンの小箱 * designed by Anne