カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9
14 15 16 17 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

link

[1714]  [1713]  [1712]  [1711]  [1710]  [1709]  [1708]  [1707]  [1706]  [1705]  [1704

近所のHarbin・・・

・・・今回長文です^^;。



・・・先週ですが秋ワンダ。今回はひとりで弾丸。いつでも滑りたくなったら天気も気候も関係なく常にパーフェクトコンデション!な、ここワンダを自分の中で大事で大切な場所としておく為に、今年のうちにちゃんとその答えを出しておきたかったのです。私は少しでも疑問やひっかがる事があるとすぐにでもクリヤーしないと駄目なタイプの人間。前回のワンダではどうも消化仕切れない感があり…。ある意味面倒くさい奴です。
・・・それに私は一回だけではその本質なんてわかりません。よいのか?よくないのか?。イタリー1回目の時も、新品借り物ボードに新品ブーツ。全く知らないコースをいきなりのアタック。ほぼ怖さと苦痛でしかなかったです。それを踏まえての2回目でやっと攻略する糸口が見出す事が出来、見える風景が違ったかなーと思います。ここイタリーの急斜攻略は私の人生永遠のテーマ。

・・・まあそんな事はさて置きワンダ。前回は住所違いで予約したホテルがワンダから凄く離れててタクシーで片道40分程かかるという大失敗をしてしまったので、今回はワンダすぐ裏のワンダリームというワンダ系列のホテルを取りました。

・・・さて、前回は8時10分の飛行機でしたが今回は11時10分便(曜日によって違う)。なのでうちの近所から出ている高速バスで成田まで行きました(高速バスは凄く便利)。・・・日本観光を終えた沢山の爆買い中国人の人達のおかげか?哈爾浜便はほぼ中国人と言うアウェイの中、かなり遅れて離陸。3時間弱の現地時間の14時半頃に(時差1時間)哈爾浜に無事着陸。成田は暑くTシャツで良かったのに、哈爾浜はもう冬の雰囲気。さむー。入国、荷物とスムーズに終え、さーて鬼門のタクシー。あ、また前回やられたぼったくりタクシー軍団!。いや、ここにはこのぼったくりタクシー軍団しかタクシー居ない。あの一味がここを仕切っているようです。仕方が無いのでこの軍団と値段交渉。希望額まではいかなかったけどまあまあな金額になりました。
・・・そして空港からワンダーまでは30分くらい。が、このタクシーのおっちゃん、途中でガソリンスタンド入りやがった^^;。しかも私が先払いしたお金で。流石です。でも15時半にはホテルに到着。荷物持ってくれてエスコートしてくれるタクシーのおっちゃん。ホントはいい人?笑顔でのお別れでした。
ここワンダのホテルは英語通じるので安心(前回のホテルは英語イマイチ)。スムーズにチェックイン。部屋は11階でワンダが見える部屋でした。ここも3ヶ月前にオープンしたばかりなので綺麗です!。

・・・さっそく準備して滑りにいこー!。昼飯無しです。
・・・歩いて10分!。夢のよう!。チケットの買い方、ロッカールームの借り方、全て完璧。
・・・見慣れたエスカレーターで上り、さーてコースは?雪は?...前回は上のコース一本と(真ん中はコブで右のコースは前週あったスロープスタイル大会の撤去の為にクローズ)、下のコース二本のみで雪は柔らかめでしたが、今回は全コース滑れて雪も多くて下地は硬くてサイコーです!。夕方だっていうのにそんなに荒れてないし。真ん中の上のコースなんて、斜度アサマ超え。こんな室内ゲレンデ他に無いと思います。
・・・前回会ったフリスタでカービングしている兄ちゃん達に再び会いました。その一人の方が日本語少し喋れて、日本に滑りに来た事もあるようで、「今度は一人で来たの?」と話しかけて来てくれました。ウェアー違うのによく気がついてくれたなぁ~。ワンダにいい知り合いが出来ました!。で、私に「あなたはSAJ?JSBA?」って聞いて来たので、「私は両方とも所属してない」って言ったらびっくりしたように???。彼はSAJに所属しているそうです。ん?中国にSAJ絡んでいるのか・・・。

・・・営業は20時半までなので最後まで滑ろうと思ってましたが、18時にはもう満足。ここまで来たのにそんなもんです^^;。
・・・で、今日は何かステージ出来ていて、照明落ちきて音楽爆音で何かはじまっちゃったし。中国こんなにはじけちゃっていいの?。ゲレンデにDJブースだし。で、私は爆音とノリノリのミュージックに負け、18時半には終了でした^^;。
・・・その後、スノボー用具持ったままワンダモールのスーパーにポテチを買いに。大荷物持ってポテチだけ買ったからか?レジのおばさんに笑われる^^;。このスーパー、何でも売っててお気に入り!。そして夕飯はワンダモールの洋食屋さんで格安ステーキ定食。で、まっ暗で寒〜い中をホテルまで帰りました。いつもの事なから電灯全開、テレビ全開のままいつの間にか寝てるパターン(私はいつもテレビつけっぱなしなので、前なんて隣の部屋のm-hiroさんからテレビうるさくて寝れないとクレームが入る程^^;)。


・・・2日目、朝食はホテルのビュッフェ。まじ美味しいです!。流石ワンダ系は外国人観光客を見越しているのか、独特な中国系の味がおさえられています。ほぼNonぱくちー!調子こいて朝からお腹いっぱいです。
・・・で、ぼちぼち出発。もう哈爾浜はホント冬。山梨の12月くらい。真冬はマイナス20度近くまで下がると言う哈爾浜。寒いです。逆に真冬はワンダの室内ゲレンデのほうがあったかいんじゃない?なるほど〜。あえてそんな選択肢もあるではないか…。

・・・そして内緒の入口から入りーの・・・そこには・・・前回も一緒だった中国ナショチの子達。前回よりも大人数です。負けずと速攻準備してゲレンデへ。
お〜!まっさらな綺麗に整備したバーンを滑れました!サイコー!。リフト係の若い兄ちゃん達も笑顔で対応してくれる。とても気持ちいいです。気になっていた施設の状態。掃除も行き届いてゴミが散乱している事なんて無いし、コース整備もキレイ。6月末のオープンに間に合わなかったようでまだまだあちこち工事中でもあります。もっと良くなります。
・・・いわゆる中国のおじさんおばさん層のお客さんは圧倒的に少なく、年齢で言ったら10代20代のお客さんのほうがが多く、チケット約500元と言ったら現地だと裕福層な人達しか来ないと言うのもマナーアップの要因になっているのかとも思います。前回泊まった地区とこのワンダシティー。同じ市内とは思えません。飛行場とワンダシティーだけの往復だったらほとんど素の中国を見る事ないです。・・・話しそれた^^;。

・・・で、今日こそは一日中夜まで滑ろう!なんて考えも、昼前にはもう満足状態。そんなもんです。昼飯ははつしかさん御用達のいつものサブウェイ!で、店員さんは前回にも居た兄ちゃんだったので注文スムーズです。結局昼飯後は数本滑って終了でした。結局合計6時間も滑ってないけど満足しちゃうあたりは年取った証拠^^;。・・・その後ホテルに帰ってポテチとテレビでした^^;。

・・・夕飯はまたワンダモールに行くか?迷いましたが、ホテルで夕飯ビュッフェやってたのでホテルのビュッフェへ。これまた美味しい!。またまた調子こいて食べ過ぎた〜。
・・・で、数時間後になんか気持ち悪ぅ〜。まさかあの二枚貝?ちゃんと加熱してあったけど…生ハム?…。色々よぎっているうちにキラキラ!。きっとあの生ハムは生ハムじゃ無くてこれから焼く生肉取って食べたんだなーと思いました^^;。お腹強いほうじゃないのにお腹痛くなる事も無く、キラキラ!だけで済んでよかったです。もしかしたらこのまま入院?明日帰れ無い?ち〜ん?よぎりました^^;。自分の体はちゃんと悪い物に反応してくれるんだ〜って思いました。


・・・さて3日目。朝飯ビュッフェはキラキラ!後なのでオレンジジュースとバターロール1個のみ。超空腹なのでまいうーでした。
・・・早々にチェックアウトしてタクシー探し。そして私の提示した値段で値段交渉成功で無事に空港着。このタクシーの運ちゃんは若い兄ちゃんでしたが、無駄にホーン鳴らす事が一度も無くて紳士的な運転でした。この兄ちゃんとも笑顔でお別れ。またこの兄ちゃんのタクシーに会えたらいいな。
・・・帰りは日本へ観光に行く沢山の中国人の人達と偏西風に乗り2時間弱で成田。3時過ぎの成田での昼飯はかけうどんオンリー。まいうー!。丁度都内に仕事の引取り車があったので、二子玉川行きのリムジンバスで引取り場所へ。帰りの足が出来てナイスタイミングでした。まるでただの哈爾浜経由での引取りじゃん…パーフェクト。

・・・今回は2泊3日。最短1泊2日でも滑りに行けちゃいます。成田から4時間かからないでゲレンデに立てます。天気の心配いりません。いつもイコールコンデションです。いいワンダマニュアルを確立する事が出来ました。モヤモヤ取れてすっきり。

・・・唯一の読み違いは、何かワンダモールもホテルも人多いな〜て思った事。帰って来てから中国は中秋節と言って8連休のゴールデンウィークだったと知る…。イベントやっているわ花火上がるわの訳です…。それでもゲレンデは混み混みでは無かったです。ホントの平日日中だったらゲレンデガラガラかな〜と…。ワンダグループは2019年までに国内に同規模の室内ゲレンデを3つ?作るらしいです。他国だとエジプトやアブダビにも出来るとか。ドバイは長さ1キロの新しい施設を作っています。他国は熱いです!。
 







graphics by アンの小箱 * designed by Anne