カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

link

[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44

08 Bandit



板のソールの状態は、1mmぐらいのコンケープ凹です。今回はソールはそのままでエッジだけそのコンケープソールに合わせてソールエッジビベルを1度垂らし、サイドエッジは89度に自分で削りました。

試乗です!。
雪質のせいもあるかもしれませんが、コンケープソールでのひっかがり感は感じられません。コンケープソールでもソールエッジを垂らす事によって少しは良くなります。
コンケープソールの影響としては、切り返し時に板がフラットから立って行く一瞬だけちょっと重いかな~ってぐらいです。でもこの立ちの重さ、アイスバーンや硬いバーンでは絶大なるエッジグリップ感が安心感になるんですよ。フラットソールだったら一番良くてなんの問題ありませんが、コンベックスソール凸だと、硬いバーン、アイスバーンで止まっているのも辛いです・・・。エッジの掛かりがほんの一瞬ですが遅いので、不安に感じるシーンもたまーに出てきます。
フラットを出したソールも、滑走を繰り返すとコンベックスになって行きます。特にトップとテール近辺はなりやすいです。
使う状況、時期、乗り方などによって、ソール形状、エッジ角度は調整してもらったほうがいいと思います。
うんちくが長くなりましたが、このバンディットはソールはそのままで行きます。ソール形状の変化を見ながら乗って行きます。

08モデル、手で押した感じのフレックスは自分の99モデルにカーボン2枚貼ったのと同じぐらい硬かったです(かなり乗ってきたので貼った時よりかはマイルドになってます)。ですが実際に乗るとその硬さは感じられませんです。99モデルに比べてキャンバーが少ないのも影響してます。去年までの新コアと比べると、軽さからくる軽快感はありませんが、安定感、板のバタつきは無く、反発もマイルドで旧コア最終の赤バンディットに似ています!。約3時間半、ノンストップで滑り終えてフレックスを見てみましたが、硬いままです。去年までの新コアだと半日滑ればフレックスはだいぶマイルドになってましたが・・・。
旧コアが好きな方にはとてもいいと思います!。乗り込む程にフレックスが出て行き、味が出ると言うか馴染んで行く工程も楽しみになる感じと言うか!。99モデルのバンディットを所有していた事のあるOzawaさんにも試乗してもらいましたが、自分と同じ感想でした!。

まだサマディーさんに08モデルの在庫あるかな?。是非みなさん買っちゃって下さい!08モデル、自分的にはとてもGoodですよ!。

また滑ったら続インプレします!。







Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:


graphics by アンの小箱 * designed by Anne